風疹 妊婦(妊娠) 症状 流行 予防接種

風疹と妊婦

 

風しん

 

トップページや他のページでも述べていますが、
妊婦さんは特に注意が必要です。

 

妊娠の初期ときに風疹にかかると、胎児が風しんウイルスに感染して、
心疾患、白内障、難聴、そして精神や身体の発達の遅れなどの
障がいをもつ赤ちゃんがうまれる可能性があります。

 

これらの障がいを
先天性風疹症候群といいます。

 

先天性風疹症候群をもった赤ちゃんが、
すべての障がいをもつとは限りませんが、障がいのうちの
一つか二つを持つ可能性もあります。

 

 

先天性風疹症候群が起こる場合は、風疹にかかった妊娠時期により違いが出ます。

 

特に妊娠初めの12週までにその可能性が高いことがわかっています。

 

予防接種を受けた場合は、成人女性なら妊娠中に風疹にかかることを予防できます。
ただし、妊娠中は風疹の予防接種をうけることはできませんので、早めの対処が必要です。

 

 

予防接種については、
妊娠していない時期で、生理中またはその直後が一番良いのですが、
そのときに風しんワクチン接種をして、その後2ヶ月間の避妊が必要となります。

 

風しんワクチンは、安全なワクチンであり、妊娠中に風しんワクチンを接種されたことにより、
胎児に障がいが出たということは世界的にもありません。

 

しかし、その可能性は理論的にまったく無いというわけではありません。

 

 

また、
妊婦さんの家族内に、ワクチン接種を受けていない方や、
抗体検査などによって抗体が確認されない方がいるときには、
その人から風疹が移るときがあります。

 

風疹にかかっても無症状の人もいますので、注意が必要です。

 

これを予防するためには、家族の方には出来るだけ早く接種接種をうけることをお勧めます。

 

さらに、麻疹ワクチンを1歳以上で2回受けたことがない妊婦の家族は、
風疹予防と麻疹予防の両方を兼ね備えた、麻疹風疹混合ワクチンを選択することも可能です。