風疹 風しん 妊婦(妊娠) 症状 流行 予防接種

風疹(風しん)とは?

 

風疹とは、風疹ウイルスに感染することで発病する発疹性感染症です。

 

くしゃみや咳などでウイルスが飛散することによって伝染します。
風疹は治療法がありません。対処療法で対応するしかありません。

 

発病は、潜伏期間2〜3週間の後、
全身に小さな赤い発疹がでて、発熱やリンパ腺腫脹などの症状がでます。

 

発疹が出る2〜3日前から、発疹が出たのち5日くらいまでの間が、
一番感染力があると言われています。

 

感染力は麻疹や水疱瘡(みずぼうそう)ほど激しくありません。

 

熱のある状態は風疹患者の約半分で、微熱程度で終わることも多いです。
通常数日間で治る病気です。

 

まれに、血小板減少性紫斑病や、急性脳炎などの合併症を起こケースも報告されています。

 

一度風疹にかかった人は免疫ができるので、二度とかからないといわれていわれてますが、
再感染で発症した事例もあります。

 

 

 

風疹 妊婦

特に注意が必要なのは、妊娠4ヶ月以前の妊娠初期に風疹に感染すると、
風疹ウイルスが胎盤から胎児に感染することにより、
赤ちゃんに「先天性風疹症候群」を発生する可能性があります。

 

 

先天性風疹症候群とは

 

妊娠中のどの期間に感染したかによって、
赤ちゃんに現れる重症度や症状の出る時期が異なります。

 

症状は、難聴や心臓障害、
白内障または緑内障などの症状が現れる事例があります。

 

 

これら先天性の障害の他にも、出生時に低体重であったり、
血小板減少性紫斑病、間質性肺炎、溶血性貧血、髄膜炎などが症状であったり、
幼児期以降に糖尿病や進行性風疹全脳炎などの症状も現れることがあります。